So-net無料ブログ作成
前の5件 | -

副島さんの予言について。 [日記]

米朝の件の記事を読んでいて、今回しみじみ判ったのは、今やマスメディアは皆副島さんを読んでいるなというコト。

トランプの大統領の就任を当てたというあたりで一気にその数も増えたのだと思うけども、北朝鮮爆撃が6月という予言を外した事に対する揶揄は、昔は何かあると祭りのようであったけど(笑)想像していたより少ない様に思う。

理由を想像してみる。

世にはプライマリーアジェンダと言うものがあって、国連(連合国)の装置が動くか動かないかだ、という重み付けをメディア人も読んで勉強になったのだろうし、その核問題が、もしかするとICBMだけで手打ちにしちゃうというオプションに落ちたのだろうか、と言う事も、当然読まないと判らなかったからなのではないか。

アメリカファーストとは、国内第一主義なんであるよという事も読んで知ったのだろうし、それを知ったからトランプが無駄な出費を嫌って、飛んで来ない所で手打ちにしようとする事もあるだろうと想像出来るし、核の撤廃の費用も日本に払わせるのもeasy to guessだと。

そして、そうなると言う事は、まさにアメリカはこれで世界の警察から降り、中国が世界の覇権国になると言うサインかとも判る。中東でアメリカが引いちゃったら大変なイスラエルと、これ全く同じなんではないかと青くなる。
同じどころか、半島として中距離核まで保有する事になるし、核を持ち、大統領の補佐で、ユダヤ人のアソシエーションの大物の息子が入って少しはましな、イスラエル以下だと言われてまた青くなる。

そして漸く一番駄目な形で、70年以上経って本当の終戦を迎える、という事ですね。
震災の時に書きましたが、あそこで完全に敗戦の体だった。そして秋田犬とアニメと、幾つかの企業と観光地、という国になり、知性もそこには最早無く、激しい格差が残り、増税の嵐というコトも判る。

税金がどこに行くかと言えば、外交でここまで失策を続けていた現政権で、それは今後半島との関係で払わされるツケに回るのだろうかと。じゃ担いでいる連中は阿鼻叫喚だろうかと思いつつ、疑獄まみれですから多くはそれの受託や、インサイダー特権に群がるのだろうかと想像もできる。

その政権も、ある政治団体の名の下に、元々半島の南と特殊な関係がありますが、その団体の初代会長はその国の宗教団体で、現首相が子供の時に暮らしていたお隣に関係施設があった訳ですが、その政治団体とポリシーが全く相反するのに、その宗教団体は北の方にも行き来していて、それはどういう関係なのかと疑問も出る。

きっとこれから、それぞれの姿がもう少しはっきり表に出て来るだろうとも想像できる。

と、言う事で、世界のアジェンダの戦略的なオプションを踏まえて、副島さんの解説で漸く自分の身に降り掛かる事が判る訳ですから、むしろもっと解説してクレーというのが、メディア人の本音なのでは。

当たる当たらないは、戦略的オプションのフローの中で、どこに蓋然性があるかで予想するだけの事で、センセーショナルに書くのは生計の道が本を売る人気商売だからでしょう。
なので、これからもっと注目されるのではないかと思っています。

どこかで違う道があったのかなーと想像すると、やはりアメリカ1stの国内版、国民の生活が第一の頃であったかと思います。

皆それぞれもっと頑張って食ってかないといかんですね。これからは。

この辺で。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

”認知症”からつらつら考える事。

思いがけず、認知症との付き合いが始まって随分経ちますが、最近30年以上前の事をぽろっと思い出します。最後の方、ちょっと大きい事書きます。

中学くらいだったか。ボランティアで脳性麻痺や、知的障害のある方の作業所に言った時の事。当時はまだそういった方が居ると家に隠しておくような時代。偏見も大きかったので、身内にいなければ実体はあまり分からなかったと思います。

このとき「世に言う程の事はなくて、違いがあるだけで変わらないじゃん」と思ったんですね。
そして、その作業所の非常に人権レフトな感じスタッフの方、彼はまるで道徳の先生x体育教官みたいな30手前くらいの方だったのですが、帰る前に、思った事を一人一人述べさせる訳です。

私は割と素直に「もっと違いが世の中に伝われば、良くなると思う」といったのですが、そのスタッフは、来た来た!待ってましたとばかりに「それは違う!皆同じなんです。そういった違いがあるという偏見と。。。」と人権的な事を滔々と述べ出した。

お前はここの主人かよとムカついた事を覚えています。
大人になった今は、彼は左翼運動の人権保護、権利拡大の流れで拓かれた作業所に務めるポジションだろうから、彼がそう言いたかったのだろうと判るけども、今の私より20歳位若い彼は、正義のポジションに自分を置いて、罪悪感からフリーになり、そしてそれを感じる為に、我々をモチーフにして溜飲を下げている部分もあったろうと思います。

今あの人はどうしているのだろう。
「変わらない」、だけを言い続けていたら、差別の固定化になってしまう。権利=税金の獲得による施策は、政治のリベラル側システムを使うしか無い訳ですから、それも判る。それにより、社会参加と、それによる軋轢の解消で、今は「ダイバーシティー、差異の理解」という様に私が中坊の頃言った事が、最早スローガンになっている。
数十年を経て段階を踏んで来た。それがミレニアルの世界です。

ただし、まず家族、そして社会という事で、助け合いをする事が本来の姿であって、何事もバランスです。グッドウイルの件は皆さんも覚えていると思いますが、いまや一大産業で、それはそれで医療の点数システムで構築されました。つまり保険と言う名で徴収される税金ですね。

人権活動で微分積分されてカテゴライズされる全ての人を賄うだけ税金をとれば、国は潰れますね。だからトランプも出て来る。そして、作業所のスタッフの様な人と、ネトウヨがいがみ合う。日本はもう終わってるに近いので、格段言及はしませんが、最近、この辺は最早、引いては返す“波”なんではないかと思います。

そして家庭の中は外の事象と別に、家族単位で実存的な問題です。

認知症を抱えている人は、職場にも居る訳ですけど、幾つかに別れますね。あまりハッキリ言いたくはないですが、さっさと捨てる人から、まるで今までと変わらない様に、違いを理解してうまくつき合う人。隣どうしの机で、変わらない会話をしながら前者と後者に別れる。若干、前者は自分好きの人が多いと思う。家族の中に、これら極端な違いがあると、後者の負担は激しく重くなる。

前者の人は、恐らくそのように生きて来ただけで、本来的な“家族”では無かったのだろうと思います。それも選択なのですが。

個人的には、権利なんて物はクリント・イーストウッドの「許されざる者」のスタンスが正しい様に思います。あの映画には多くの要素が全部詰まってるように思う。

この辺で。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

同期会で疲れる。 [日記]

卑近なお話なんですが。

同期会で疲れたというお話。

会社の同期が赴任から戻って近場の部署に配属されたので、飲み会でもしようと数名にメールしてみると、25年前に同じ事業部に配属されて東京圏に残っている連中は未だに結構居て、10人以上集まった。

懐かしい顔ぶれにいろいろ昔話に花が咲く、という状態に相成る訳ですが、少し経って、ああー、そうだったなと思い出す。自分が昔と同じ行動をしている事に気づいた。

少しは人生変わっていそうな連中を探す。そして居ない。

その部署に配属された同期達、彼らは主にマネジメントも含むエンジニアまわりなのですが、ずっと自分たちの会社のグループの組織の中で起きた事、仕事、同僚、後はそのコミュニティの中の事、本当に、驚くくらいにこれしか喋らないのです。

それ以外は、社会常識、通念、今の話題であっても、テレビの事以外は、なにそれ?という具合で、本当に恐るべきレベルなのですね。趣味だろうが何だろうが話題を振ってもすぐ終わってしまう。
彼らの外界とのミドルマンは組織の中で決まっていて、その人が、「これこれこのようである」という説明がされて、彼らの中で位置づける機会が無いと、何も意味を持たないのです。

50近くなれば、人生でいろいろあるだろうから、そういった深みも出て来るだろうと思って、また一人一人、昔とは変わった奴がいないか探す。
でもこれがまた厳しい。プライベートのそういった事も所謂「赴任者コミュニティ」みたいな感じなんです。今時、こんな社員が居る会社だとは誰からも思われていないだろうなと。

そんな状況なので、今は違う組織にいる、出世頭の女性の同期と中盤から一緒に落ち着いてそこからあまり動かなくなる。
彼女は私みたいにあっちこっち、全く違う仕事や分野を殆ど外ととやって来た人間ではないのですが、スタッフ部門で、HQのマネジメントや、昔から事業部のマネジメントに近いので客観性がある。滅多に来ないので、私と同じスタンスですが、チイママタイプというか。そういった内勤のあしらいは上手い。この中で、普通に一対一でストレス無く話しが出来る同期は、彼女ともう一人いるかいないか。

まあ、普段は基本つき合わない様にしていれば良いだけの話です。昔話や所属の共感で一杯の同期会なんて10年に1度もあれば結構。

ただ今回それだけでない所にも少し思いが致ったのですね。

我々最早入社して結構な年月が経っている訳ですが、担当部長くらいのも居るんですが、この間何も成立させて来なかったというこれまでの事実を考える。ここに居る同期が皆原因だ、という訳ではないんですが、この上から3年くらいの人材は、縮小されるままに、むしろ毀損して来た事も多い。それを守りもしなかった。そうして生き残った連中なんだよなと。

格段に何かをしようという意志もない。
当然こすからい奴ばかりではないし、またそうであるからして、そういう奴は出世もしないけども、大きい会社というのは、予算と時間にどうしても隙間が出来るので、ひどいのも居る訳です。コンプラとアカウンタビリティだけに長けた自己実現餓鬼みたいなのが。
でも大きく見れば、ずっと歯車、コストの高いそれだったんだろうなと思う訳です。

リストラ時代、間違ったリストラも沢山ある訳で、間違った事業指針や可能性を削るような策も多くあって、人材も抜けていきました。阿鼻叫喚もあった。また、やりたい事が少しはあって、何も出来なければ外でやりますよね。普通は。
で、縮小するばかりだったので、大きく上のマネジメントの配置は変わりつつ、組織はデノミされつつ、それほど事業の外から人も来ない。黒字にしろくらいの物。

そういう組織からこぼれ落ちる人を見ない様にしながら、実を潜め、漸く一息ついた時に、与えられた通りの仕事以外やらなかった彼らが、あたかも事業体全体がそこそこ盛り返して来た今、何もしていないのにイノベーターであるかのような(笑)もしくは事業のコアが自分等である様な気分も垣間見える人もいる。良く書きますが、サークルで、学園祭のたこ焼きの担当が、俺がアーティスト呼んでライブ組んだぜ的な。

なんだかな的日本の一幕だなあ。。と。

少なくとも、その組織には自分も外部も投資はしない。
内部でずっとこのままである事は、事業的にはBADだよと。まあそれぞれ暮らしがある訳ですからそんなコト言いませんけども。
逆に、調子に乗って中心に入り込んで来て予算を使い始めると、これはこれで危険な事になる。ウチの会社は過去何度かそういう類いの事があった。

他部署の同期等とはコミュニケーションは良く取っているのですが、
久々のこの括り、なかなか疲れる同期会でした。

この辺で。
タグ:同期会
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

かぼちゃの馬車問題等。 [日記]

一体何か月振りでしょうか。6か月振りか。

こんな時代になりますと、むしろこの様な、静かな場所に少し書いておける、というのは良いですね。

掲題ですが、ス●ガ銀行は、当然悪いと思うんだけど、金貸して貸し倒れと見込んで、担保も資産価値がないコトも判っていて対応済みで、損切りしちゃって、それで破綻しないのだから、金貸しとして健全なのではないかというコトはあります。預金先としては。

全く擁護する訳ではないのですが、少し思う所があるんで書きます。

殆どの銀行は、エビデンスに水増しも多い事は知っている、というか、普通に住宅ローンがそうです。
サラリーマンは、住宅等は会社の信用でローン通しますが歳取ってくると、期間と金額がドンドン目減りする。会社の信用で担保が難しい金額を借りようとすれば、一時的にでも一定額を預金として持っている様お金を動かして証拠を作る等する。
証拠を作ってくれませんかと銀行に言われるので、売りたい人はそれをなんらか行う。この間証拠金の繋ぎ融資を高利で受ける事もありますね。

そのメニューも銀行自体が持っていて、事業者の目的に応じ、その商売を担保としてやっていたりする。事業者が証拠金、担保を改竄してくるので、銀行としてはそのかわり高利の別の貸し出しも行う、というのは、実は順番が違うだけだったり。

本件は、銀行が、通常ある程度改竄が多い、と言う暗黙の了解をオープン前提で組織的にモデリングして積極展開をしたという疑いですね。

一方で仮想通貨の問題も出ていますが、言ってみれば銀行や市場もそうであって、取り付け騒ぎで全行潰れかねない。あるのは実体がない数字と担保との関係性だけ。銀行免許の権利は、特別に数字増やしても良いと言う事で、仮想通貨が出て焦っている。ス●ガの件は、地道な事業モデルでリスクとって、まあ良く商売してるよね、と、ある面言えるのではないか。実際その分貸し倒れた。

とにかく不動産投資では、まずス●ガに、というのは知人から良く聞いた話であって、他の銀行各社からすれば、リスクとって客を作ってくれる=金を生んでくれる、というくらいの認識さえ、実はあったのではないかと想像します。

ス●ガは損きり状態。オーナーは担保取られて残済、するとそれ以外の領域に金が流れた。運営会社が破綻したなら、建設と不動産かな(笑)これを銀行側と山分けているとすれば、生臭い犯罪ですね。

そうなると民草は、数字でなく現生で持っていた方がいいですけども、今日本は終わっている最中ですので、紙幣の兌換価値をドンドン毀損している真っ最中。
そうすると、何らかの原料、資源等を持っているのが一番いいんでしょうね。後は技やチーム、つまり人と。世界中で価値の変わらない取引が出来る貴金属等は、小さいし、最後にもっておくものとしては良いのでしょう。

この半年海外に行く事が多く、昔も良く書いた物ですが、「こちら○○となっておりますが、なにか?」的、日本人皆中流的なポジションで同じ常識に居る前提、からの「こんなはずでは!ひどい、責任者でてこい!」であるとか、そうしたメディア論調が、もう激しく目について仕方が無い。
最早格差が凄い代表の国家になっているのに、本当に意味無し法一です。

銀行の安全性というのも、そんな日本人のMyth、前提だった。過去の話です。
国(の業務執行)側が先に腐って、首相のクビが3個くらい飛んでおかしく無い状況で、居座られるこの状況で、昔の上に書いた様な論調に草の様になびいて付和雷同している人が、国民の大集団であるのも変わらない様に思え、先は思いやられる。

オリジナルな事を、新しい、変化、等特別な例として、ひな壇的な一般的な大衆側が弄り扱う姿勢しか未だに取れないメディアも、明治の啓蒙時代から変わらず、全く良くやっている物だと思いますが、そこで草の様になびいてしまっては、本当におしまいですね。

取り留めなくなってしまいました。
この辺で。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

相撲の役割。 [政治]

多分今回は、モリカケの件での発動なのかなと思います。

旨く使われているのか、忍従しているのか演技派か判りませんが、
親方の涙も怒りも、検察、官僚に向いたものかもしれません。
今の理事は知らないし調べていないので、文責は負えませんけど、
昔は、

http://zutsuki.blog.so-net.ne.jp/2010-02-07

「山崎先生によると、日本相撲協会理事が厳しく追及したそうなのですが、
なんと、追求したその理事は2人とも元官僚。元警視総監の吉野、元東京高検検事長村山両氏だそうです。
そして所謂横審委員長が、引退勧告書を書いたらしいのですが、その人はあろうことか日経新聞社長鶴田氏。

官僚とマスコミが一体となって、小沢不起訴ニュースで1面を飾る事を阻止する為に、政治部長会議の議長の新聞社社長と、面目潰れた検察のOBが、そんな事の為に、仕組んで平成の名横綱を引退に追い込んだという酷い話しのようです。」

http://zutsuki.blog.so-net.ne.jp/2011-02-08

まあ、そう構図は変わらないでしょう。
元々相撲は、占領期、野球と並んで良く研究されたテーマであったと思います。
ですので、近年はやたら頻用されますが、芸能界とほぼ同じポジションと考えて良いのでは。

短めで。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の5件 | -