So-net無料ブログ作成

家について。賃貸か購入か等々。 [日記]

※少し加筆、修正しました。割のいい生命保険変わりである事等(5/7)

ご無沙汰しております。

そろそろ我が国の現政権も終わりに近づいているように感じます。長く続くだけ醜聞が溢れ出すでしょうから、良い所で辞めるのではないか。

ところで、「家を買うか賃貸か」これは何時でも人気の話題ですね。

大抵、「買う方は金利や修繕コストがあるよ。借りるのはとっぱらいだけでいいけど残らないよ」的流れの話となりますね。自分の経験では、振り返るとこの話題は割と明確だったのですね。いろいろお悩みの方もいるでしょうから、こんな人もいるという事で書きたいと思います。

ちなみに、私は格段アドバンスドな運用(笑)等していない、赴任手当、管理職給与等得ていない普通の首都圏サラリーパーソンです。

まず20代、社会に出てしばらくは、買うなんぞ思いもよらないのは皆さん同じでしょう。

給料低いし、精々便利な安い賃貸見つけて精一杯楽しく暮らしましょうと。
結果、職場の最寄り駅まで10分の駅、そこから5分以内の至近、普通一生縁のない様なちょいと特殊な風俗街に近い物件を借りました。
1K4畳半+移動ロフトがついている先輩の縁故の物件で、相場より安く紹介されそこに住んだ。人生的には面白い貴重な経験をさせて頂きましたけども。

30歳あたりで、呼ぶ人限られる様な部屋もそろそろ問題だなと。

地元側に更に10分電車で下った人気のターミナル駅で探す。
ターミナル駅から私鉄の一駅目徒歩3分、ちょっと広目の9〜10畳の1Kを借りる事になる。バストイレ別。清潔で築2年。管理費入れて8万円台。新しいのに安かった。有名な料亭の従業員借り上げだったのですが、ワンフロア減って急遽埋めたかったようです。
西日がキツいけど、1Fがほぼ全部駐車場の構造で、バイクも置けたし、お店広げても余裕のある作りで、社会人的青春を楽しく暮らしました。

40歳になる前に、一般的には結婚する人は多い。

恐らく物件買う買わない議論の大半は、このあたりの年齢の方を対象にしている気がします。奥さんと2馬力であれば、手ごろで住みやすいマンションや鉄骨系賃貸、趣味が合えば昭和な一軒家等選んで楽しく暮らし、子供をもうけるなら、それも踏まえてゆっくり考えれば良いと思ったし、そういう皆さん見ていると、今でもそう思います。

人並みにちょっとはいろいろあったとして(笑)結果、独りで四十路を迎える。新しかった1Kもさすがにくたびれ、モノも増え、いい大人の住む部屋ではなくなってくる。中年の住人も居ましたが、皆単身赴任系です。

その時初めて「買うのもありか」と思う様になる。
取敢えず、自分の資産等を纏めるとどうなるか、払えるのはどの程度か家計簿付けたりしはじめる。これが結構自分を知るという事にもなり、自分の先細る人生を見てしまったりもする。ここでやはり持家、賃貸関連の話を散々読むのですが、果たしてここでオレ迷う必要があるだろうかと。ま、無いんですよ。安い所に住んで来た物ですから、グレード上げるには自分的に大変な金額になる。ケチなんで年間150万も掛け捨ての賃貸に払うつもりは全く無い(笑

で、物件を探す。独り身故、安いのを買ってしゃれたリフォームにする事も考えたのですが、結局相当の数を見た後、立地、築年、構造と、王道の選択をしました。一人ぐらい増えても良い間取り、角部屋で抜けていて、利便性が高い立地、環境も街なりに良くて嫌悪施設がない。築年、工法的に10年以内。十分貸すなり売るなり転がせる物件ですね。

土地を隅々まで知っている近所で1年半近く選び抜いて購入と相成ります。建具が良かったので、テイストを壊さない様に一部壁抜きと軽リフォームだけ行った。短めのローンで賃貸時と同じ出費レベルに抑える為に、頭を結構入れてしまう。これもどうかと言われますがそうしました。好みの問題ですが、後から考えるとちょっと良かった。振り返ると、結局「家を買う」ということもあるんですが、初めて資産扱ってみる側面が大きかった。

50歳を目前に、遅まきながら結婚もして、子供も出来る。

手狭になったし、準地方に住んでいた家内は環境変化と育児もあってノイローゼ気味に。3年保育ならそろそろどこかに定住を、という事になる。そこで郊外の建て売り等見るのですが、このあたりが思案のしどころです。

というのは、若い方には想像つかないかもしれないけど、最長ローンがもう通らない年齢になっているのです。後10年ちょいで、昔風の定年。支払い能力、損得の前に、最早大きなお金が借りられないという事態が迫る。その時にいろいろな事が頭を巡る。

もう1つこの歳で考えるのは、所謂団信。中高年に差し掛かってガタも出て来る。万が一のことがあれば、支払いは免除される。つまり生命保険です。家は妻子に残せる。それにしても、上限ギリギリで借りても、首都圏近郊で少し便利な、タワーじゃ”ない”75平米以上の新築マンションが買えない金額なのです。

マンションを考える。
いいマンションは価格が爆上げしている。今利便性が高くて安い物件は、何かと訳ありです。一方最早マンションの修繕や管理費等も理事もやってよく分かっている。

土地付き戸建てを考える。
探しまくるけど、+電車で30分くらいまでの土地で利便性のいい物件は大変高い。かつ中古はそのまま住める物は少ない。リフォームと修繕に、中古マンションくらい掛ける気合いがないと、思った様な暮らしにならない。建て売りは環境、好みの選択の幅が極めて狭い。

一方で、終の住処という問題にもたどり着いた。「いつかは」はもう無いのです。
田舎で晴耕雨読に釣り+バイク等と考える訳ですが、ローンが組めなくなって行く上に、子供が育って今の家の後に理想の物件を買えたとしても、その時は後期高齢者に近い。

思う様に体が動かせない自分はいったい何を楽しむというのか。

この間、住宅展示場等を見ます。すると何をどのように実現するかの最新の方法が大凡わかる。これは中古でも建て売り狙いの方でもオススメです。イメージの湧き方が違う。営業がしつこいですが、そこは我慢。

で、結局どうしたかというと、なんとか通勤可能な距離でいつか住んでみたかった周辺で土地を探し始めた。海が近い土地で3枚程いい場所があったのですが、地元に行かないと判らない土地もあります。
そういった不動産情報に出ないもので、ツレの実家至近で、海も見え、駅からも数分というこれ以上無い土地があり、売主に直接あたり購入できました。

大きな畑付きの別荘的物件を3枚に造成したものなので、少し割高ではありますが、接道、地形いずれも素晴らしく、奇麗に分譲された首都圏にもう少し近いエリアからすると、半値〜2/3くらいの価格に抑える事ができました。

上物は、サラリーマンが格段のサポート無しに良いものを建てようとする際、必然的に幾つかのハウスメーカーに決まってくる。そういった1つで、地形に合わせ注文設計しました。注文住宅の戸建てなんて贅沢だと思っていた訳なのですが、同じ価格では、以前住んでいたエリアで駅徒歩10分越えても、75平米の区分住戸も買えない。

注文だとなんでも出来るんです。ビルトインのバイクのガレージも、やはり贅沢だと思っていたんですが、実は建坪に入らず、外壁仕様なんで工事費も安い。戸内のクロークなんて作るんであれば土間兼駐輪ガレージを作った方がいい。これも注文でないとできません。

持ち家だったマンションですが、新居を建てるにあたって売却しました。
手放す前提で選んでいたので、今の時勢、購入価格より上で売れ(経費含めるとトントンですが)、結局ターミナル駅近分譲タイプのマンションの6年分の家賃が浮いた。これは大きかった。

なので、人生のあのステージの自分には、購入の選択肢しか無いと思いましたが、その通りだったということになります。また頭金多めにいれていたので、残債が少ない事で審査は通りやすかった。一時期はこのローンに+土地+家のローンが別々に始まるので、総額や、本数で通らない金融機関もあった。
残債が多いと、ローンはマンション売却ありきになってくるので、相当条件や日程、プロセスの選択肢が狭まる。

一方で、今のこの田舎の家は、リセールで高く売る等望むべくもない。
上物は一気に償却します。しかしながら、次を考えなくていい。
いつか住みたいと思っていた理想に近い土地に、自分たちの好きな様に建てて、まだ体が動く年齢から、生活を楽しんで行ける。家の目的は売る訳でなく良く暮らす事ですから、いい落としどころかなと思っています。心配していた通勤も座れますので、結構これもこれでいい物です。

 空き住戸問題が大きく話題になり、これからすぐに、家もマンションも、私等が苦労したローン、やりくりが不要になり、選り取り見取になるのかもしれません。ですから、参考にはならないかもしれない。

でも、一生を左右する大きな決断なので、多くの人が悩んで、解を探して迷っています。自分もそうでした。でも、これまで書いて来た様な物は見た事がなかった。
投資の側面と、住む、暮らすという本来の目的は、自分の置かれている状況、懐でまったく異なっていて、例えば人生の残り時間が殆ど無くなってから、望ましい家を得ても仕方が無いし、若い時に大きな家を建てるのもまたナンセンスかもしれない。

年代やステージで考えながら、通り一遍のノウハウに左右されない方が良い、ということだけは迷っている人に言いたい。

そんな風に、ちっこい書斎の窓から海を見つつ思う次第です。

この辺で。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。