So-net無料ブログ作成

トランプ側に義があるのではないか論 [選挙]

 第3回目の討論会が終わりました。

日本のメディアでは、貰ったものを転載しているかの様に、泥仕合的な報道に終始しています。討論や演説等を追っている人は一人もいないと言う訳ではないでしょうから、一部には副島砲が良識派にボディーブローの様に効いているのか、ヒラリーもなんとなく望ましく無いような論調はじわじわ来てもいます。

日本のメディアがそのような訳ですから、そこから得られる情報には殆ど意味が無いのですが、海外に関しても、討論に入ったあたりから、一部公平だった大手も、もちろん日本みたいに政治部長会議的なノリではないでしょうが、いろいろ圧力があるのか、一様になって来ていると聞きます。

自分が特定の情報を得られるような立場でもなく、今日は自分が今に至るまで、どう思って見て来たか振り返ってみます。ちょっと想定読者もありまして、そんな流れで書きます。

トランプが候補選に出た時は、ヒラリー確定の流れの中で、共和党のリバータリアン寄りの良い候補を潰す為に雇われたか(笑)くらいに思ったのが告白すると、正直な所です。

ところが、見る限り共和党は最初からやる気が無さげな陣容。
いいのが居ない訳ですよ。小粒で。ロン・ポールも立たないし、息子はちょっと力不足。サラ・ペイリンでも出ていればまた違ったと思いますが、トランプ以外の候補には、アメリカのオッサン、つまり日本種族としてはかなり少ない「肝っ玉”父さん”」みたいなノリの人間が全く居らず、どうせ出ても勝てない様な連中しかいない。

 一方ヒラリーは、中東からリビアの件まで、国務省の女性軍団の立案、実行で蹂躙して回った印象が一般的にも強い。オバマ外交の汚点ともなりました。
リビアでは彼女の腹心がカダフィ殺しの現地司令官だったそうで、ブローバックなのか、現地の焼き討ちで殺され、市中引き回しの目にあった。これは記憶に新しい。その時までイケイケだったヒラリーもこれには倒れて、恐らく責任追及を逃れる面もあったのでしょう。一旦仕事ヤメた訳ですね。
その彼女は「アジアに軸をシフトする」という我々にとって余りにも不気味な言葉を吐いた後の大統領候補ですから、当選はカンベン!と思う日々でした。
こういう話は私の周囲だと、無関心、ちんぷんかんぷんで話す人も居ない。

 寄り道ですが、リベラル寄りの一般の人々は、国務省絡みの、東欧、中東アフリカのナントカ革命系には基本的に賛同、つまりアメリカに賛同している人が多いと思います。今偶々見つけましたが、以下のインタビューが現地の革命ノリに合わせて動く若者のリアルな感覚でしょう。

http://www.magazine9.jp/other/libya/

アメリカのサポート等否定している訳です。若いのによく分かっている。そしてこの後彼が懸念している通りになってしまった。彼は今本当に悲しんでいる事でしょう。

戻りまして、ヒラリーの場合、我々にとってはアジア、ジャパンハンドラーズの親分だったという側面もある。小泉政権からこの方、年一回の風物詩だった自民の首相交代、民主党が勝った後の人格攻撃、党内クーデターから、自民に政権上げます間抜け選挙、そこから今に続く政権と。
これらに関しては多くココでも書いて来た様に、国務省の忠実なアジア、ジャパンハンドラーズの活躍ぶりをつぶさに見て来た訳ですから、その点を見ても、普通の日本国民、直接ハンドラーズの影響下で利得を得る立場以外の人は、当然最も避けたい候補と考えるのが妥当ではないかと。

 で、その対抗馬、対する肝心の共和党がこれではなあ、という中、トランプが出て来たと言う事になります。

論戦を見ると、プロレス風で有りながらも、所謂陰謀論と言われる中でも、知的な層が口では決して言わないけど蓋然性的に皆多分正しいと思っている事、公式に明らかになっているけどメディアに乗らない事実、その辺ぶちまけたりして、見ていて面白いし、なかなかやるなと。ただしそういった事はガス抜き役者としては良く有る。

取りあえず、ヒラリーを抑えながら、いちいちセンセーショナルに注目を浴びるアクションを取るトランプに、噛ませ犬としてもこれはゴイスなおっさんだと思っていた頃、トランプがキッシンジャーを訪問したという衝撃のニュースが。

副島さんの弟子筋の古村さんが外電を解説付きでblogに上げたのですが、その瞬間、別のシナリオがあるかもしれないと初めて思いました。
副島先生は当然中田さんと、我々等及びもつかない、連れて行った親族の属性や周辺情報で詳しい分析をされ、すでに書籍や、ぼやきに上がっていますから、それを見て頂くとして、その時愚昧な私もおおっ?と思ったのでした。

それまで、叩き上げのセルフメイドマン、リバータリアンらしく、アメリカ1stを掲げ、そんな層に向けたアンチヒーロー、ガス抜きかもしれないと思っていた彼が、外交の知恵付ける為に、シンクタンクでお勉強ではなく、外交における最重要人物とピンで会った訳です。

会談では、お前大統領やるならこうしろ、と言う話があったんだと思いますが。トランプ自身がこの訪問で、出たとこ勝負だったのが変わったのかもしれない。
この時、歩が金になった。成金じゃないですよ(笑)かれは叩き上げですから。

 時系列的には既に問題に成っていたかと思いますが、所謂メール問題とかベンガジ委員会とかの更に一歩深い話と堅固な裏打ちを得たかもしれない。

国務長官時代の結構な表裏のやり取り、CIAへの指示やら、長期間、機密度、重要度の高い内容を、主婦の様に自宅のメールサーバでやってしまった疑義で、「個人メール問題」という毒を抜いた名前で語られている。
内容はまさにカダフィの殺害指示等、例の殺された大使館員やらとのメール等、既にかなりの量が世界中にリークされている(ということ自体知らない人も日本人はきっと多いのでしょうが)。

国内の関係者内だけで揉み“消し”切っていたり、尻尾切りで免責しきっていれば、良いと言う訳ではないですが、アメリカの歴史の中では、まあそういう候補もいたし、大統領候補として成立はする。

でも、本人がやった事が確定してしまっている。かなりの内容が、世界中にリークされている事も明確な事実。政府が黒塗りするだけでは抑えられない爆弾が、何処にあるか判らない状態です。これだけでもほぼ候補としては危うい。だからFBIに訴えられもし、民主党も割れてしまった。

で、お仕事ってのは、金中心で回っていますよね。コミュニケーションの大半はその為ですね。非合法も含んでそこが恐ろしい訳です。その爆弾の内容は、どのようにリビアの件が実行されたかに付随する、独裁者と言われた人の資産≒国家予算の行方、イスイス団が北米トヨタの新品ランクル隊列作って華々しく登場した時期、場所、クリントン財団の役割等を示唆する内容の物である可能性も、とてもとても高い様に聞いています。

繋げると何を言っているかお判りになると思います。普通に考えて、終了、Game Overでしょう。

主要国メディアの団体単位でリークされますから、直ぐに公にはしない物の、皆その所業を知っている状況と思われます。現実的な話、彼女を大統領に据えたら、もう恐らく上位、対等外交なんて日本の様な完全な属国を除いて行える訳がない。フィリピンの大統領も既に頭入れて発言してますよあれは。

 トランプの「偉大なアメリカ」を取り戻すという中には、「周知の罪人を絶対に大統領据える様な国にしたら終わりだ」という意図が格段に大きいと思う。とすれば、保守、リベラルさえも立派な人は、みなトランプ側についていると思います。

また、国内第一主義と合わせ、レイシスト的に報道される移民政策ですが、これも、「国務省の施策→難民創出→欧州の混乱、だからお前が責任取れよ、俺はやらないよ」という意趣返しとしか感じられない。流入を止める事以外強い事は言っていないはず。

長々書いてきましたが、そんな訳でトランプ側に完全に義はあり、と思う訳です。

その後の展開を想像すると、
アメリカはヒラリーになったら戦争をし、トランプになったら借金帳消しねとデフォルトする(笑)かもしれません。
まず一般人は後者の方がいいと思うはずですが、日本の一般人は、自分は教育があり、リテラシーが高くリベラルな人間であると思っている人程、それがトランプにフッと吹かれると飛ぶような気がして嫌なのか、みなヒラリーの方がいいと思っている様ですね。

政府関係者、経済界は、売れないドルを死ぬ程持っているので、恐らく多くは自国がターゲットにならなければ、どっかの国が破壊され、人が死んで、そこにミカジメで人道支援するのがロジックだと考える。
ただし、東アジアにピボットするヒラリーに従うので、不安があるでしょう。いざとなれば公務員と下から切り捨てつつ、上が生き残ると。メディアはハンドラーズの風見ですから、全国的にヒラリー万歳という訳でしょう。

日本のドル保有はとんでもないですから、まあ、トランプの時も大変で、その際、今度は政府、経済界上げて国民に牙を剥くと。日本は自分から連鎖倒産の帳消しの為に戦争するかもしれません。

でも、大きくは、恐らくMake ends meetはトランプでなければ出来ないと思います。叩き上げの大商人ですから。学生リベラルで優等生、ビジネス経験の無いヒラリーには無理なのでは。

長くなりました。この辺で。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「国民の生活が第一」を継ぐもの。 [選挙]

主体者としてみれば理由なき選挙が、またやって来ます。

「国民の生活が第一」を誰が継ぐのだろうか。

そう言う時の国民としては、矢部宏治さんの「日本はなぜ『基地』と『原発』を止められないのか」くらいは読んでいる様な国民であるという事を自分は想定したいのですが。

実際、大半(と言っていいかと思いますが)の人々の暮らしというのは、大きくは税金消費ポジションで、公務員とコーポラティズムの枠組み企業、及び福祉対象=コストセンターとそのコスト享受者、が大きく占めている。経済ダメになるほどそうなっていく。
そうでない人々も、メディアのプロモーションを見て、そこにコモンセンスがあると思っている”ものわかりのいい”人が多い。

ですから、前掲の「国民」の理解が、私が思う様に思う人は、恐らく少ないという事になります。福祉受益者と言う意味では、宗教票と、稼ぐ事を知らないリベラル票という事であれば、自分は取られずに増税が是とする人が多くなると。

税金を生んでいる残りの人々、これは「国民」と言うよりはグローバル企業に属している割合も多いですから、読もうと思って読んでないですがパラグ・カンナ的な、国民以外のポジション主体だったりする。

つまり、代表的国民は、稼ぐことができないコストセンター公務員と福祉受益主体で生きる人、後はネトウヨ。稼いで、とても賄いきれないその連中の食い扶持に寄与するポジションの割合は結構グローバルで、それはどんどん去りゆく昨今。もう破綻以外想定不可の絵面です。そうなると具体施策として、戦争と言う物が見えて来るのでしょう。

どんな人の羨む上級のスキルワーカも、いや上級であるほど公務員的ポジションです。価値を創造する人々ではない。価値を創造して行ける所まで頑張ろうと思う意思はAyn Rand的なマインドだと思いますが、それが自分のポジションで、今後もそこでなんとか頑張りたいと思います。

彼の政権交代は、国民自身のポジションの理解度はおいといて、戦後最大の変われるチャンスだったなと、改めて思う次第です。

※メモ的な文章のまま上げてしまったので、足したり補足したりちょっと直しました。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

統一地方選、原発、Shock Doctrine。 [選挙]

統一地方選ですが、

事ここに至って、原発に反対出来ない候補者は、さすがに全員落選させたい。そう今言えない候補者なんて、「私欲です。官僚ギルドの手駒に入れて貰って食いたい」と言ってる様な物。我々の代表として送り込む必要も、資格も無いように思う。

安全に使う目処ができれば云々という候補者は逆にダメな様に思います。
原子力のプロ中のプロが、将来の解決策等ないと言っている中、あいまいな言い方で済まそうとしているので、いくらでも変転する準備をしていると取られてもしょうがない。

小池氏の講演ビデオ等をご覧になるといいですが、これがチェルノブイリ以降のワールドスタンダードの懸念のレベルでしょう。副島さんの逃げろ宣言も同じ。

後に副島さんが自ら線量計持って現地に入って安全宣言をした事をなにか原発容認に翻ったようなバカな事を言う向きもあるようですが、チェルノブイリレベルで国半分の面積が立ち入り禁止になるような被害は当座避けられた、悲惨な避難生活の固定化、状況隠しに使われない様に一時戻りなさい!と命がけの報道を行ったのもそのレベルでの話です。
3日分の荷物をもってとりあえず避難と言われつつ、ウソを感じて泣きながら慌てて愛猫と餌の鍋だけ持って自分の土地を後にして、二度と戻れなかったロシアの婆さん達の悲しみがあったこと、そしてその後を知っているからだ。

普通に遠目で暮らす人々は、お父さんの気持ちで情報を出す、武田邦彦さんの情報を参考にしていればいい。広瀬さんは最悪想定のポイントを外さないから、ポイントを留意していた方がいい。視点の狭い的外れな批判はこの時期に止めるようにしたい。

佐藤栄佐久元福島県知事が、小沢氏、村木氏を陥れた前田検事をはじめ、官僚の暴力に潰されなければ使用済み燃料の保存や、3号炉のプルトニウムの軽水炉使用も無かったかもしれない訳です。推進派のデータ隠しも無かったかもしれない。

つまり、散々書いて来た事で、官僚、上級公務員と御用メディアや御用政治家で、ギルド的な物を作って来た訳です。官僚栄えて国滅ぶ、国滅びて官僚、メディアあり。

結局は震災前と同様、国民主権が無い事が、この状況を生んでいます。金権政治と田中角栄氏を追い落としておきながら、遥かに悪く、微に入り際に渡り、汚職が固定化されて法になっているのは、これはいかにと思わなければいけません。原発なんぞその象徴。

また再び、議員立法出来る政治家を送り込まなければ、変わらない。なので、ここからはどんな選挙も大事にしたいですね。

このblogを書くきっかけになった、Naomi KlineのShock Doctrineの邦訳が、今程待たれる事もないですが、出ないですね。邦訳の権利を持っている出版社はきっと体制側なのでしょう。このブログの前半に間違いもきっと多いお恥ずかしい要訳等を乗せてありますが、見て頂いて、ご興味あれば、最近は英語の旨い方も多でしょうから、洋書を買って是非お読み下さい。

菅さんへ。 [選挙]

菅さん、

本当に調子が悪そうですね。
あなたは国政を担える軸がないから、これから味方もいない中でもっとひどくなるかもしれません。
いま、どうも投票が怪しいと言う声がそこら中から上がっているけれども、それでもプロセスを経て首相をやる人だから言おうと思う。

このまま、鬱病になって、どこぞの元首相の様に向精神薬を飲んで自分も国もボロボロにする前に、一つだけそうならない方法があると私は思う。
奥さんもきっと賛成してくれる。

選挙戦であなたかライターかが、小沢さんの政見を途中から剽窃して、たいがいにしろ!と皆が怒ったわけですが、まさにその小沢さんの政策を、あなたの玉として掲げてください。
あなたの政治人生通じてリベラル側であったその方法を、それを堅持して進む事に注ぎ込め!

リベラルは、目的が正しい時は強いもの。間違った時は味方も殺す只のナイフ。
国家の頭領として、目的を自分で建てる事が出来なかったあなただが、それは目の前にずっとあった。小沢氏の政策だ。

あなたは参院選前、横浜の金子氏の応援の際に、なにか首相とはとても思えない、リップサービスでもない様子で、中間管理職的な疲れを見せながら、私等はもう何年かで消えると。若い者をと言ったのを見た。

こんな事になってしまって、明日の朝も本当は起きたく無いような気持ちでしょう。見ていて判る。
それならば残り本当に少ないかもしれないが、あなたが何も出来ずに、なにも考えつかずに我だけ生きたり、鬱でダメになるより、残りの時間を火花散らして突っ走る為に、小沢さんの政策を頭に抱くのだ。

そうすればあなたは後の政治人生を思い切り突っ走る事が出来る。
そして不審を抱かれた市川房枝氏の御霊に初めて顔向けが出来る。

これは言い訳して生きない為の最後のチャンスだ。日本の頭領なんだから!
市民運動家としての社会問題政策を、首相として小沢の政策として捉えればいいじゃないか。市民運動の方法は自分で編み出した訳じゃないでしょう。

小沢を応援している自分がなぜこんな事を言うかと言えば、逡巡している間、政変が続く間も、国民の生活は続き、生きてまた死んでいるからだ。だから、あなたに本気で言う。

身内を割られている場合じゃない!

届きゃしないと思いつつも。










タグ:
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

昨年の選挙5日前と同じ最高裁。宗男さんの件。 [選挙]

読んで下さっている皆さん、

今日は民主党代表選まであと5日
この↓日記は、”昨年の”衆院選5日前。

http://zutsuki.blog.so-net.ne.jp/2009-08-25

植草一秀氏と、佐藤優氏が有罪確定。1年前の事です。デジャブです。
本日、鈴木宗男氏が有罪確定となりました。

明後日厚生労働局長の村木氏の審判も控えています。こっちはあまりにも無理な検察の捜査で、白にせざるを得ないとも言われています。

どうせ最高裁の棄却は理由付けはしても法的判断はしていません。
「自由に、官僚が有罪無罪決める事が出来る、法的判断の根拠等無い官僚の道具だけの最高裁」
とは言え、プロセスを守るのが民主主義。100万歩譲ってここではそれは置きましょう。

しかし、ロシア、中央アジア歴訪し、危険なアフガンにまで足をのばして、資源外交を行い、釈放直後の常岡氏とも会った。信任を携えていった鈴木宗男氏の仕事は、今回、犯罪者として収監される事で、全て水泡と帰す。
これから重要となる中央アジアの各国との関係に泥を塗った。残る頼りはアメリカですか(笑
企業で言えば、最大級の利益相反行為の犯罪。つまり最高裁が国益に反した。

プロセスと守るっていったって、最高裁が自分でプロセスを決めて、ターゲットは検察が決める。
100倍汚い政治家が山といても、ムネオさんを有罪としてユーラシア資源外交を潰した。今小沢が、円高の際に資源を購入しようという政策を先手を取って潰した。そして小沢政権の外交の要を潰した。死ぬまで忘れない。いや、そんな気合いも要らない。忘れようがないと思う。

そして良くしたもの。書いとくもんだね。
昨年の上の日記。テーマは国民審査なんですよね。そして出ているこの名前。

「●竹内行夫氏 
外務省時代のイラク戦争に反対した天木氏を罷免された方。
加えて佐藤優と対談本を出した副島さんに拠れば、鈴木宗男両氏を罠に嵌めた際の責任者でもあるそうです。」

司法試験もやってない外務キャリア、天木氏罷免そして宗男キャンペーンの張本人。
やはり絶対に判事から落とすべきだった。
官僚の利の為に国家危機を平気で引き起こす事を厭わない、”様に見える”竹内行夫氏。
プロセスを守らざるを得ない我々としては、国民審査が唯一の対抗手段。

みな忘れないよ。多分。

※書きなぐって少し品なく適当な部分があったので修正しました。失礼。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感