So-net無料ブログ作成
検索選択
メキシコ ブログトップ

メキシコに関する5月頃のメモ3。 [メキシコ]

2009年05月09日16:33
メキシコに関するメモ3(最終回
の転載です。

ナオミ本のショック・ドクトリンの話で、南米がドミノ的にグローバリズムに反旗を翻したのを書きましたが、メキシコの政権交代後、麻薬戦争がエスカレート。
アメリカも政権交代して、融和方向に走った最中に、インフルと地震の爆弾が図った様に炸裂。
国境を接する先には、武器麻薬で世界に著名な人。
麻薬と、そんな辺りの話で、〆の回です。解題は最後に。

◇◇◇
(転載始め)

実際の所、あまりに麻薬の話は知らなさすぎるので、間の抜けた評論は控えて、大枠だけ考察してみたいのですが、

まず、インフルで、かき消された小口の麻薬の合法化ニュース。
実際英文でも結構少なくて、あっても扱いが小さい。

メキシコにはどうやら3つのパーティーがある。PAN、PRI、PRD。
PRIは71年政権にいて、党首選挙も1999に一回しかした事がない独裁政権でした。自民党です。
PANは、PRIの前身の政党の対抗政党として出来た。PRIの反対者の受け皿になった。民主党かな。

1994年のメキシコ通貨危機以降でショックドクトリンを施される。借金返済、民営化の嵐で国民生活ボロボロになって、麻薬と誘拐業が凄くなる。そんな最中でようやく2000年PANに政権交代が起こる訳です。

残りのPRDてのはホントの貧困層の味方の左派らしい。防弾車に乗らなくても良い人達。大人気のメキシコシティー知事だったかが、法律的に問題が有るか判らないような汚職で訴えられて、大統領選に出れなくされたのが2006年くらい。小沢の時みたいに検察に非難が集中。
まあ小沢と西松ですね。政党としては社会党みたいなもんだろか。

で麻薬撲滅の真逆のような、5月の小口麻薬の合法化なんですが、これなんとか英文記事を探して読んでみると、左派のPRD含めて、全政党がほぼ賛成だそうなんです。つまり右も左も含めた総意であった。

そして、最初混乱したんですが、PANの初代のフォックス大統領時にもまったく同じ法案が通っていたんです。ところが最後発効しなかった。フォックス大統領が署名しなかった。理由は、ブッシュ時代、アメリカが圧力をかけたから。
こう見ると、まるでアメリカが正しい事をしているように見えて来る。

英語圏の記事を漁って、必死こいて英文記事探してちょろちょろ読んでいると、ひっかかりにくい左派系ジャーナリズムの論説等いくつか読むと、これが全然違う印象なんです。

こういう事らしい。
軽犯罪いちいち捕まえていると、力削がれるという事もあるんですが、まず第一に、メキシコの司法システムがとっくに破綻してるらしいんです。刑務所というより、メッと叱って、リハビリ施設に送った方が良い連中が山の様にいて、処理も出来ず入れる場所もなくフン詰まって久しいらしいのです。

そして、現在ローカルの状況に合わせて政策を変えるべきだと、南米全体の麻薬対策はシフトしつつあり、合法化してしまおうという戦略が出て来ている。
まさにメキシコ左派のPRD議員が、南米の会議で、ソフトドラッグのマリファナに関して、小口取引の合法化が必要かもしれないと。結局麻薬組織の痛い所を突かないとどうしようも無いと。つまり経済的側面の事です。

周辺複数国で合法化してしまえば、密輸の意味が消え、価格のつり上げも出来なくなる。しかもソフトドラッグの為にアメリカの武器で戦争をする必要がゼロになります。
麻薬の旨味を無くして普通の物にしてしまう。これが一番だと。

で、アメリカも参加しろと呼びかけている。USもオバマ登場と供に、アメリカの麻薬取締局も、大枠で方針が今までと代わらなければ、うんとは言わないけど容認、くらいのスタンスになっている模様です。それで今回メキシコで後サインだけすれば、小口の麻薬の合法化が通りそうになっている。

なかなか深いですね。

兎に角がむしゃらな全面禁止というよりは、ローカル状況を勘案し、かつ、計量的な経済的事実を重んじる方向に行こうという訳です。
あっと思い出したんですが、日本も麻薬生産して大陸の戦費にあてていたので、とても偉そうな事言えない訳ですが、台湾の阿片撲滅政策の際に一旦現状を認めて合法化して管理し、元を断ちながら狭めて行き、いつまでも断ち切れない大陸と違って、早期に成功した例を読んだ事があります。後藤新平の話でした。成る程ねと思ったものです。

実際マリファナの流通で、麻薬組織は6割近い収入を得ていると書いてある論説もあって、合法化したら、ガツッと一気に状況を変える事が出来るかもしれない。

そういう事らしいのです。
で最後、今回の様々な流れに関して仮説を考える要素だけ。

おおこれは大事な数字と思ったのは、メキシコの麻薬組織側の稼ぎ。推計1兆円とされている。
6割の稼ぎが合法化されると、旨味が減り、6000億かけて戦争状態になってるメキシコの麻薬撲滅対策費も要らなくなる。

おいときますと、麻薬摘発されると、良く末端価格が紹介されて、相当旨味のある商売だよなあと思いますが、当然アメリカではメキシコの流通分がきっと数十兆円になる。

素人考えですが、
南米は他にもルートがあるし、占領と供に世界のヘロインの90%を生産するアフガン、3角地帯のアジア、北朝鮮等があるので、メキシコの麻薬の輸出だけで1兆円という事になると、世界中の小売り販売金額を想像すると、おそらく4桁は行かないかもしれませんが、3桁兆円の位に入ってくるのでは。
世界的には、マネーロンダリング=このレベルの金額なんだよという実感はあるのだろうと想像します。

それらに対しては、先日ナオミ文の間に紹介したNHK番組でやっていた、ショックドクトリン系のホームランドセキュリティ系焼け太り企業の小口口座摘発ソフトなんて意味無い。大きくはああいうシステムは、国民の経済活動の監視や縛りに目的があると考えた方が良いです。

戻ると、メキシコ麻薬組織の武器の95%はUS製で、麻薬の消費も大方US。
で、この規模になると小さな国の国家予算の何倍もあるレベル。実態の有る非合法商品が国境越して流通して数十兆稼いでるなんて、政府の一部が関与をせずに成り立つ筈は無いのです。
トヨタの売り上げでさえ年20兆円なんですよ。

当たり前田のクラッカーなんですが、儲ける方に元締めが居ます。
後は文責無しの自由連想。

メキシコ国境の反対側→南部、テキサス、主に共和党地盤
テキサスの親分→ブッシュ(特に父)
南米との民主社会主義との融和に反対する勢力 →共和党ネオコン
マリファナ合法化反対→白人カソリック、共和党
銃の販売規制反対→ガンロビー、共和党
若い頃CIA長官、世界中の紛争地域の麻薬、武器取引で裏金を作り、
国際商業銀行でロンダリングして(イランコントラ)、アメリカ議会で
追求されて逃げた人(笑)→父ブッシュ
おまけに、
共和党ネオコンの雄にしてショックドクトリン最高の使い手にしてタミフルの
ライセンス持ってるギリアドの大株主→ラミー

自由連想おわり。

メキシコの項の最初に書いた上のジョークを見返すと、ちょっと笑えないすね。ではこの辺で。

(転載終わり)
◇◇◇

アメリカの保守にネオコンは寄生していて、カソリックや、自由主義のモラルやイデオロギーを使いながら、グローバリズム的にビジネスをしている。

オバマの政権は、リアリストと、こういったネオコンが勢力争いをしているキメラ的な政権で、我々が想像するアメリカの良心的な保守や、リベラルの人材は実は居ないと言う事は、中田さんの新著で良く判りました。

しかし、世界的にはなんとなくそういう印象を持たれて、実際はリアリストの組んだ融和方向の看板として主にオバマは振る舞う。

グローバリズムにさんざんやられた国々が、少し希望を持って近づく。その際にネオコンが既得権益を犯されると、暴れる。

そんな構図かと思います。

状況は違えど、日米関係でも同じ要素が随所に見られる。だからこうやって読むと、メキシコと似た者同士だなと思ったりします。我々まだまだ気をつけた方がいいと言う事でしょうかね。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

メキシコに関する5月頃のメモ2。 [メキシコ]

2009年05月09日00:12
メキシコに関するメモ2。」
の転載です。

今回は、時系列で2国間のニュースを並べたもの。
我が国のインフルエンザですが、不思議な広まり方をしますね。

それこそ陸の孤島のような場所でも罹患者が出たりしている。
なにか普通でない媒介者が存在する様に見えます。

◇◇◇
(転載始め)

まず、基本線。

前回までのナオミさん関連を読んで頂いた方には言わずもがなですが、
ここしばらくアメリカ(の中の人)の経済支配に反旗を翻して民主社会主義政権に南米は転換。
独自経済圏も試みている訳で、USと関係は悪い。昨年、南北アメリカサミットはUS抜きでやろうぜという話も出ていた。そこから今年に入ってからの流れ。

1月時点、
オバマが就任して状況は代わりました。ブッシュと違って戦争より外交、覇権国家の崩壊にあたり、社会主義的政策寄りの大統領ですから、南米は態度を変える。

US大統領の就任後最初の会談の相手は、この何代か伝統的にメキシコ大統領だそうで、オバマも例に漏れずカルデロン大統領だった。そこでオバマはカルデロンの対麻薬の活動を賞賛。

メキシコはこの何年か経済激しく上げ下げしてますが、大企業の工場だらけです。NYTも今年に入ってから、メキシコの資本家の出資で破綻免れたりしてる。

でもリセッションで景気は最悪、08年の海外からの投資は一気に32%マイナス。一方で年間2300万人も旅行者が来る立派な観光地というのは変わらず、こちらは5.9%増という状況だった。

2月20日時点、
そのメキシコに、国務省の「行くな令」が出た。冒頭のジョークで皮肉られた話しです。目下の情勢として、理由は麻薬絡みで治安は最悪だという事であった。

2月26日時点、
カルデロン大統領がそれに反応してか、これまでの麻薬組織撲滅運動を更にハッキリさせて、任期中の12年までに麻薬、暴力の撲滅を宣言した。で、南米指導者連合としては4月のサミットにオバマ呼んで、米国の協力を依頼すると。

同時にAP通信が、今年に入って8週間で麻薬絡みを含む暴力沙汰の死者が1000人越えており、昨年暴力事件や、麻薬関連の抗争で年6000人近くの死者が出るというニュースが出る。

3月25日時点、
クリントンばあさん=国務省長官が、確かに米国側にも問題はあるんで、協力したいと声明。

4月1日時点、
Naomiさんでおなじみ、例の対テロで出来たペンタゴン級の国土安全保障省、ネオコンHomeland security産業の受け皿組織の長官(この人もイタリア系おばちゃんなんですが)、オバマのメキシコ訪問に先んじて声明。


実際抜け道はいくつもあり、一日23万台のクルマの通行に対し10%位しかチェックできていないと。今後警備を強化すると宣った。警備、機器、監視システムで300億円入れるわよんと。

そして4月末、
16日のメキシコ訪問時は、オバマやはり人心掌握凄いなと思うんですが、カルデロンの子供がすっかりオバマに懐くくらいの親密さとなって、麻薬組織撲滅作戦の全面支援を約束。
南北米サミットにオバマが行って会談し、キューバと国交回復か、チャベスも握手というミラクルがあって、パンアメリカは不況の中にも、光が見えたかという南北米サミットが終わった。

その直後です。
メキシコの豚インフルエンザ報道がはじまったのは。日を待たず、M6の地震が襲った。

実はその後、

5月1日、
日本は報道皆無なんですが、少量の麻薬の所持を合法とする法案が国会通過。??
なんですが、カルデロンもサインをする模様と。

とまあ、こんな感じです。

結構インフルに隠れてしまったけど、麻薬関連の流れが中心だった。それを軸に反USの南米各国と民主オバマがかなり近づいて、蜜月に入って来る流れがあった事。

その昔南米が個別に親USに見えた時は、その南米の政府(の中の人)はUSグロウンの傀儡で、自国のリソースをMulti national企業に受け渡し、それを独占して自分らだけ儲ける連中だった訳ですが、今回は違う。

マスコミ上で単に親米という場合、このように政治的、経済的、モラル的に真逆の意味を示す事も有る訳だから実に気をつけなければいけないと思いますね。

脱線した。おいといて、

今年に入ってからの流れに対して、USの共和党からオバマにいちゃもんが付いた。南米の反US指導者達、あろう事かチャベスやカストロの兄弟と、軽々しくコミュ二ケートするなと批判が出た。様は、それ位友好ムードが高まっていたという事ですね。

南北アメリカ大陸中が、おお、これは結構変わるのではないかと期待したその時に、オインクオインク!! 豚インフル爆弾ドーンと炸裂(中田風。でもホントそんな印象)。地震はオマケ。

メキシコのインフルエンザの影響は大きいでしょう。
疾病の被害ではない。毒が薄いらしいすから。死人もそんな出ない。景気悪化で、観光産業大事にしたい時に、甚大な風評被害。大資本の工場群も相次いで停止。世界に輸出されているメキシコポークもアウト。
それどころか、政治的ならまだしも、エンガチョで防疫的、物理的に国交が絞られる国も。麻薬戦争も一旦休戦。罹患者でなく、風評で一大危機に陥った。

一旦メキシコから離れると、これもう、笑えるくらい、Naomiさんのショックドクトリンその物になってます。
書くのも疲れる。誰か書け(笑)このところの日記組み直すだけで書けるから!世界中できっとナオミを引用している筈。

各国、特に我が国は、ホントに無能なのかわざとなのか、マスコミもWHOの発表も聞かずに死者、感染者間違いまくりで右往左往。タミフル備蓄がーとか、パンデミックじゃー、厚労相は無い髪振り乱して金に糸目はつけないとか、このニュースばっかり。BBC等は、当初からWHOのまま数人レベルから報道。タミフル効かないよとか冷静な物だったそうです。

各国、物資、システム獲得に躍起にさせられている。
防疫系のHomeland security産業、タミフル、リレンザの製薬、ライセンス会社、検疫、水際セキュリティの各企業が、史上空前の受注に、バク転しながら喜んでいる筈。ラムズフェルドも孫全員に、ポルシェケイマンのSでも買ってやってんじゃないだろうか。WHOはアメリカのCDCのいいなり、パンデミックor NOTの戦いが人知れず繰り広げられているでしょう。ラミーおじちゃん、ぼくもケイマンだったら欲しい(笑

おっと下品になりました。

テロ戦争よりむしろ、遥かに多くの国を巻き込むHome land security産業の真の幕開けにメキシコの件は明らかに利用されています。俺が刑事コロンボだったら、発生地をとことんまで突き詰めますが、ウイルスには国境は無い。状況が関係ない。偏在する見えない危険を商売のネタとする彼らにとって、最もある種望ましい動きをしてくれるのが、ウイルスという事にはなります。

これはデカイ山ですが、ただ、今回書きたいのは、それでは無い。
メキシコがターゲットになっている蓋然性。Why Mexico?
麻薬の流れに戻りましょうか。

長いよな相変わらず。次回へ。

(転載終わり)
◇◇◇
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

メキシコに関する5月頃のメモ1。 [メキシコ]

2009年05月08日08:04
メキシコに関するメモ1。」
の転載です。

政権交代、インフルエンザ、地震、ドラッグ、アメリカ経済と切っても切れない国。脱米の独自経済圏の動き。

さて、これ我が国ではありませんで、メキシコの話。

豚インフルエンザが突然発生した頃、メキシコを少し調べました。
今から考えると、ネオコン経済、属国が反旗、アメリカがオバマで政権交代。最接近する両国に、ネオコン側の得意分野の爆撃ドカン。
今読むと、そういった感じがよくよく判る部分があるので、転載します。
書いたのはGW連休当時。

最初はマクラというか、インフル爆弾前の、アメリカでの雰囲気的な前提というか、そんな小話から。

◇◇◇
(転載始め)

雨と雷すごいですねー。

連休中本降りになる前の早朝、バイクでちょっと走って来ましたが、
湿気があると、吸気の抵抗か、エンジンの回りが少し重い。もう一つは、飛ばす人でないと多分判んないのですが、体にどっかり重く抵抗が来ます。
ちょっと独特な感覚で、湿った空気の中はネバーと水の中を切っている様な感じ。
F1で空気抵抗が時にエンジン以上の問題になるのが良く判る。活性化した草木や土、路面の香りの固まりの中を泳ぐので以外と清々しいもんなんですが。大気は物質だなあと感じます。

引き蘢り連休の終わり、社会性を失う寸前に、昨日はお呼ばれ。出社前に良いリハビリ(笑

十数年振りの西部新宿線。がらがらの各停に乗って外を眺めながら、大学時代に泊まり歩いた友人、その他(笑)のアパートを懐かしく思い出しつつ先輩宅へ。
知り合いがたまたまそうなった、というだけですが、呼んでくれたのは、奥さんがヨーロッパの映画祭等に行っちゃう様なプロデューサー。旦那はそれとは全く関係ない、総選挙に関わるであろうかなり珍しいお仕事。

もし結婚するんであれば、こういう風になりたいなあと思う現在唯一の先達。二人とも凄く人間が出来てる。思い込みが驚く程少ない。世の酸いも甘きも知り尽くしてなお端正な人柄を保ってる。
身重の奥さんの料理を摘んで昼酒。

 そろそろメキシコの話。

アメリカのテレビ番組で、知的なみのもんたみたいなのが、シニカルに時事をしゃべくる番組がありますよね。

たまたま、NYTのコラムで、先月NBCのなんとかいうおっちゃんが番組で、

Actually, the State Department is warning college students not to go to Mexico over spring break. They say it’s very dangerous. They say to just binge drink, get stoned, and have casual sex with strangers here at home, where it’s safe.

と言ったのをピックアップしてた。
無理に某局風に訳すと、

「国務省は、国内の学生に対し、この春の休暇中のメキシコ渡航を控える様、警告しています。現在メキシコは大変危険な情勢にある為、過度な飲酒で泥酔し、コカインを摂取し前後不覚になった上、不特定多数の知人以外とのセックスを楽しむ等のお祭り騒ぎを行う場合は、安心安全な国内で行う様呼びかけています。」

ヒャハーッハッハと、あのアメリカンな笑いが弾けるのでしょう。
欧米だー(笑

毎年USの高校生、大学生が10万人超行くらしいんですよ。

理由はこのジョークに有る様に、二十歳以下でも酒が飲めて、麻薬も手に入り易い。正にテキーラをショットで飲んで、コカイン決めて、お固いスージー、さえないボンゾーもファンダンゴって感じでしょうか。昔の新島か。

個人的に直ぐにピンと来るのは、遠い昔に長文書きましたけども、ニューエイジのゴッドファーザー、カスタネダの師、ドン・ファンは、メキシコのヤキ・インディアンで、マジックマッシュルームの使い手でありました。
キャプテンアメリカもメキシコから麻薬密輸して、タンクのチューブに100ドル札詰めてボーントゥビーワー〜イ〜ルド、と言う訳でメキシコはこの50年くらい若者の聖地の一つであったと言う事です。

メキシコに行って、普段の常識から離れ、麻薬をキメると言うのは、アメリカ人にとって、一つの歴史的な、若気の至り的ロマンなのではないかと感じます。

このように、報道がインフル一色になる前、英語圏では、メキシコはこの所政府が麻薬と暴力沙汰が最近ヤバいと何かとウルサいけど、春は若いのは変わらずメキシコ目指すよ。若いのはやる事やるし、その場合国内が安全だなんて言う方が笑えると、そんな文脈だった模様。

で、知的アングロみのもんたの記事が気になってニュースのアーカイブ追って見ました。結構いろんな流れが見えるので、メモっておきます。
ちなみに、平サラリーマンの私に独自の情報網等無いですからあくまでソースは、普通のロイターとかAPとかですよ。

でももう既に長いすね。長い文て読める人少ないから切っとく(笑
豚インフル炸裂までのUSとメキシコの流れは次回へ。

(転載終わり)
◇◇◇

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
メキシコ ブログトップ