So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

副島さんの予言について。 [日記]

米朝の件の記事を読んでいて、今回しみじみ判ったのは、今やマスメディアは皆副島さんを読んでいるなというコト。

トランプの大統領の就任を当てたというあたりで一気にその数も増えたのだと思うけども、北朝鮮爆撃が6月という予言を外した事に対する揶揄は、昔は何かあると祭りのようであったけど(笑)想像していたより少ない様に思う。

理由を想像してみる。

世にはプライマリーアジェンダと言うものがあって、国連(連合国)の装置が動くか動かないかだ、という重み付けをメディア人も読んで勉強になったのだろうし、その核問題が、もしかするとICBMだけで手打ちにしちゃうというオプションに落ちたのだろうか、と言う事も、当然読まないと判らなかったからなのではないか。

アメリカファーストとは、国内第一主義なんであるよという事も読んで知ったのだろうし、それを知ったからトランプが無駄な出費を嫌って、飛んで来ない所で手打ちにしようとする事もあるだろうと想像出来るし、核の撤廃の費用も日本に払わせるのもeasy to guessだと。

そして、そうなると言う事は、まさにアメリカはこれで世界の警察から降り、中国が世界の覇権国になると言うサインかとも判る。中東でアメリカが引いちゃったら大変なイスラエルと、これ全く同じなんではないかと青くなる。
同じどころか、半島として中距離核まで保有する事になるし、核を持ち、大統領の補佐で、ユダヤ人のアソシエーションの大物の息子が入って少しはましな、イスラエル以下だと言われてまた青くなる。

そして漸く一番駄目な形で、70年以上経って本当の終戦を迎える、という事ですね。
震災の時に書きましたが、あそこで完全に敗戦の体だった。そして秋田犬とアニメと、幾つかの企業と観光地、という国になり、知性もそこには最早無く、激しい格差が残り、増税の嵐というコトも判る。

税金がどこに行くかと言えば、外交でここまで失策を続けていた現政権で、それは今後半島との関係で払わされるツケに回るのだろうかと。じゃ担いでいる連中は阿鼻叫喚だろうかと思いつつ、疑獄まみれですから多くはそれの受託や、インサイダー特権に群がるのだろうかと想像もできる。

その政権も、ある政治団体の名の下に、元々半島の南と特殊な関係がありますが、その団体の初代会長はその国の宗教団体で、現首相が子供の時に暮らしていたお隣に関係施設があった訳ですが、その政治団体とポリシーが全く相反するのに、その宗教団体は北の方にも行き来していて、それはどういう関係なのかと疑問も出る。

きっとこれから、それぞれの姿がもう少しはっきり表に出て来るだろうとも想像できる。

と、言う事で、世界のアジェンダの戦略的なオプションを踏まえて、副島さんの解説で漸く自分の身に降り掛かる事が判る訳ですから、むしろもっと解説してクレーというのが、メディア人の本音なのでは。

当たる当たらないは、戦略的オプションのフローの中で、どこに蓋然性があるかで予想するだけの事で、センセーショナルに書くのは生計の道が本を売る人気商売だからでしょう。
なので、これからもっと注目されるのではないかと思っています。

どこかで違う道があったのかなーと想像すると、やはりアメリカ1stの国内版、国民の生活が第一の頃であったかと思います。

皆それぞれもっと頑張って食ってかないといかんですね。これからは。

この辺で。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

同期会で疲れる。 [日記]

卑近なお話なんですが。

同期会で疲れたというお話。

会社の同期が赴任から戻って近場の部署に配属されたので、飲み会でもしようと数名にメールしてみると、25年前に同じ事業部に配属されて東京圏に残っている連中は未だに結構居て、10人以上集まった。

懐かしい顔ぶれにいろいろ昔話に花が咲く、という状態に相成る訳ですが、少し経って、ああー、そうだったなと思い出す。自分が昔と同じ行動をしている事に気づいた。

少しは人生変わっていそうな連中を探す。そして居ない。

その部署に配属された同期達、彼らは主にマネジメントも含むエンジニアまわりなのですが、ずっと自分たちの会社のグループの組織の中で起きた事、仕事、同僚、後はそのコミュニティの中の事、本当に、驚くくらいにこれしか喋らないのです。

それ以外は、社会常識、通念、今の話題であっても、テレビの事以外は、なにそれ?という具合で、本当に恐るべきレベルなのですね。趣味だろうが何だろうが話題を振ってもすぐ終わってしまう。
彼らの外界とのミドルマンは組織の中で決まっていて、その人が、「これこれこのようである」という説明がされて、彼らの中で位置づける機会が無いと、何も意味を持たないのです。

50近くなれば、人生でいろいろあるだろうから、そういった深みも出て来るだろうと思って、また一人一人、昔とは変わった奴がいないか探す。
でもこれがまた厳しい。プライベートのそういった事も所謂「赴任者コミュニティ」みたいな感じなんです。今時、こんな社員が居る会社だとは誰からも思われていないだろうなと。

そんな状況なので、今は違う組織にいる、出世頭の女性の同期と中盤から一緒に落ち着いてそこからあまり動かなくなる。
彼女は私みたいにあっちこっち、全く違う仕事や分野を殆ど外ととやって来た人間ではないのですが、スタッフ部門で、HQのマネジメントや、昔から事業部のマネジメントに近いので客観性がある。滅多に来ないので、私と同じスタンスですが、チイママタイプというか。そういった内勤のあしらいは上手い。この中で、普通に一対一でストレス無く話しが出来る同期は、彼女ともう一人いるかいないか。

まあ、普段は基本つき合わない様にしていれば良いだけの話です。昔話や所属の共感で一杯の同期会なんて10年に1度もあれば結構。

ただ今回それだけでない所にも少し思いが致ったのですね。

我々最早入社して結構な年月が経っている訳ですが、担当部長くらいのも居るんですが、この間何も成立させて来なかったというこれまでの事実を考える。ここに居る同期が皆原因だ、という訳ではないんですが、この上から3年くらいの人材は、縮小されるままに、むしろ毀損して来た事も多い。それを守りもしなかった。そうして生き残った連中なんだよなと。

格段に何かをしようという意志もない。
当然こすからい奴ばかりではないし、またそうであるからして、そういう奴は出世もしないけども、大きい会社というのは、予算と時間にどうしても隙間が出来るので、ひどいのも居る訳です。コンプラとアカウンタビリティだけに長けた自己実現餓鬼みたいなのが。
でも大きく見れば、ずっと歯車、コストの高いそれだったんだろうなと思う訳です。

リストラ時代、間違ったリストラも沢山ある訳で、間違った事業指針や可能性を削るような策も多くあって、人材も抜けていきました。阿鼻叫喚もあった。また、やりたい事が少しはあって、何も出来なければ外でやりますよね。普通は。
で、縮小するばかりだったので、大きく上のマネジメントの配置は変わりつつ、組織はデノミされつつ、それほど事業の外から人も来ない。黒字にしろくらいの物。

そういう組織からこぼれ落ちる人を見ない様にしながら、実を潜め、漸く一息ついた時に、与えられた通りの仕事以外やらなかった彼らが、あたかも事業体全体がそこそこ盛り返して来た今、何もしていないのにイノベーターであるかのような(笑)もしくは事業のコアが自分等である様な気分も垣間見える人もいる。良く書きますが、サークルで、学園祭のたこ焼きの担当が、俺がアーティスト呼んでライブ組んだぜ的な。

なんだかな的日本の一幕だなあ。。と。

少なくとも、その組織には自分も外部も投資はしない。
内部でずっとこのままである事は、事業的にはBADだよと。まあそれぞれ暮らしがある訳ですからそんなコト言いませんけども。
逆に、調子に乗って中心に入り込んで来て予算を使い始めると、これはこれで危険な事になる。ウチの会社は過去何度かそういう類いの事があった。

他部署の同期等とはコミュニケーションは良く取っているのですが、
久々のこの括り、なかなか疲れる同期会でした。

この辺で。
タグ:同期会
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

かぼちゃの馬車問題等。 [日記]

一体何か月振りでしょうか。6か月振りか。

こんな時代になりますと、むしろこの様な、静かな場所に少し書いておける、というのは良いですね。

掲題ですが、ス●ガ銀行は、当然悪いと思うんだけど、金貸して貸し倒れと見込んで、担保も資産価値がないコトも判っていて対応済みで、損切りしちゃって、それで破綻しないのだから、金貸しとして健全なのではないかというコトはあります。預金先としては。

全く擁護する訳ではないのですが、少し思う所があるんで書きます。

殆どの銀行は、エビデンスに水増しも多い事は知っている、というか、普通に住宅ローンがそうです。
サラリーマンは、住宅等は会社の信用でローン通しますが歳取ってくると、期間と金額がドンドン目減りする。会社の信用で担保が難しい金額を借りようとすれば、一時的にでも一定額を預金として持っている様お金を動かして証拠を作る等する。
証拠を作ってくれませんかと銀行に言われるので、売りたい人はそれをなんらか行う。この間証拠金の繋ぎ融資を高利で受ける事もありますね。

そのメニューも銀行自体が持っていて、事業者の目的に応じ、その商売を担保としてやっていたりする。事業者が証拠金、担保を改竄してくるので、銀行としてはそのかわり高利の別の貸し出しも行う、というのは、実は順番が違うだけだったり。

本件は、銀行が、通常ある程度改竄が多い、と言う暗黙の了解をオープン前提で組織的にモデリングして積極展開をしたという疑いですね。

一方で仮想通貨の問題も出ていますが、言ってみれば銀行や市場もそうであって、取り付け騒ぎで全行潰れかねない。あるのは実体がない数字と担保との関係性だけ。銀行免許の権利は、特別に数字増やしても良いと言う事で、仮想通貨が出て焦っている。ス●ガの件は、地道な事業モデルでリスクとって、まあ良く商売してるよね、と、ある面言えるのではないか。実際その分貸し倒れた。

とにかく不動産投資では、まずス●ガに、というのは知人から良く聞いた話であって、他の銀行各社からすれば、リスクとって客を作ってくれる=金を生んでくれる、というくらいの認識さえ、実はあったのではないかと想像します。

ス●ガは損きり状態。オーナーは担保取られて残済、するとそれ以外の領域に金が流れた。運営会社が破綻したなら、建設と不動産かな(笑)これを銀行側と山分けているとすれば、生臭い犯罪ですね。

そうなると民草は、数字でなく現生で持っていた方がいいですけども、今日本は終わっている最中ですので、紙幣の兌換価値をドンドン毀損している真っ最中。
そうすると、何らかの原料、資源等を持っているのが一番いいんでしょうね。後は技やチーム、つまり人と。世界中で価値の変わらない取引が出来る貴金属等は、小さいし、最後にもっておくものとしては良いのでしょう。

この半年海外に行く事が多く、昔も良く書いた物ですが、「こちら○○となっておりますが、なにか?」的、日本人皆中流的なポジションで同じ常識に居る前提、からの「こんなはずでは!ひどい、責任者でてこい!」であるとか、そうしたメディア論調が、もう激しく目について仕方が無い。
最早格差が凄い代表の国家になっているのに、本当に意味無し法一です。

銀行の安全性というのも、そんな日本人のMyth、前提だった。過去の話です。
国(の業務執行)側が先に腐って、首相のクビが3個くらい飛んでおかしく無い状況で、居座られるこの状況で、昔の上に書いた様な論調に草の様になびいて付和雷同している人が、国民の大集団であるのも変わらない様に思え、先は思いやられる。

オリジナルな事を、新しい、変化、等特別な例として、ひな壇的な一般的な大衆側が弄り扱う姿勢しか未だに取れないメディアも、明治の啓蒙時代から変わらず、全く良くやっている物だと思いますが、そこで草の様になびいてしまっては、本当におしまいですね。

取り留めなくなってしまいました。
この辺で。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

所謂”陰謀論”について。 [日記]

ちょっと違う話題を。

 事実を、荒唐無稽な物と混ぜてストーリーにする、陰謀論というカテゴリーがあります。とても面白いですよね。単純なオカルトやスピリチュアルより面白い。

なんで面白いかと言えば、ある現実の事件に関して、世に出ている情報より少し深い情報が含まれ、途中までぐいぐい帰納で語られる。おおこれは、と読み進めると、最後は断定的情報として宇宙人とか、謎の組織、スピリチュアル等に接続され、お笑いになる(笑
これらサブカル、オカルト、精神世界の棚に置かれるニッチなビジネスモデルです。これは一定の需要があるでしょう。出版したい側にですが。

メジャーな報道に管制が敷かれると、情報の飢えからこの真実を散りばめたオカルトにたどり着く。良いとこまで来て最後宇宙人かよと(笑
結果、世の中にオカルトか、統制の聞いた真実に触れない様に気をつけて作られた情報の、どちらかしか無くなるという環境が出来ます。バカだとレッテルを貼られ、自分の権威が失墜するのは嫌だ。けど、他に正しい情報もない。さあ困った。懐かしい言葉で言えば、ベイトソンのダブルバインド的状況ですか。

実際の所、人々はその言葉で知られる反応に陥るように思う。
例えばここで、表向き普通に生きつつ、恐らくここまでが真実だと見極めて、その先こうだろうと演繹して、そっちは腹に持っておくという人はあまり多く無い。

外交で言うディスインフォメーションを、自国の大衆に向ける際、ガス抜き風に穴を塞ぐ保険のような装置、それが陰謀論という事になるでしょうか。それでも掘ろうとすると、そこまでの設えを発注し統制できる力がある存在を向こうに回すという事になるから、全く無事でいることはなかなか難しい。

その存在は一体誰なのか! 実はトカゲの目をしたレプテリアンのユダ金です。アセンションで高次元に行きましょう! 

とかいうのが、ま、少し前の陰謀論オカルトの典型的な流れです(笑

このblogの昔からの読者はもう殆どいないと思いますが、昔良く書いた事を繰り返しますと、なんだかんだ、ほぼ全てのニュースは多かれ少なかれ管制アジェンダに基づいていると言える。
つまりは、回覧板、掲示板代わりのメディアを組み込んだ政府と官僚という事になります。そうじゃないという御仁は、まあお読み頂かなくても結構ですが。メディアに総体として良心を見ようとするのは最もやってはいけない勘違いではないかと思います。

ただ、メディアに悪意があると言う訳ではなくて、許認可制であれば官庁、なんらかのオンブズマンであればその構成要素に従う、「装置の運用」が、メディアの仕事の第一という事です。
ニュース番組にも台本がちゃんとある様に、メディアの組み方にも台本があって、それが編成ですが、スポンサーに従い、それらは間接的に官の掌とそのメディアの運用特性の組み合わせで束ねられていまる事になる。

良い悪い全く抜きにして、その”運用”そのものを売るのがメディアの商売の根本なのであって、”ジャーナリズム”等は発揮出来る領域があって予定調和が編成出来れば、そこで運用サービスとしてのプロダクツのフィーチャーとして行われる。それだけの事です。それぞれ得意領域を持っていて、その範囲内で仕事をすると。その1つに、陰謀論の立て付けもあると言う事です。

陰謀論のライターを見ていると、若い頃鋭い仕事をしていた人が多い様に思う。
ある日突然レプテリアンとか言う様になります。鋭さを発揮したために、落ち込んだ場所が陰謀論で、当座食う為にそこでしか生きて行けなくなった人がやるもの、そんな印象も良く持ちます。

こんな私の小論を正しいと思ってくれる人がいたとしたら、どうして世の中変わらんのかと言う理由は、もうこれ言わずもがなだと思いますが、そのダブルバインドの間で右往左往して生きている人々ですね。
メディアの囲いの中で生きている人々。ネットも既に長い年月をかけて最早一般メディア化しましたから、それも含みます。

日本で知的というのは、社会主義的、リベラル寄りの常識を持っている事が基本であった様に思いますが、メディアの姿勢、偏向に文句を言ってる人、陰謀論を避ける人、これは広く都市型指向の常識的な多数派が皆そうな訳です。

つまりは自分の属する政治勢力やメディアの崩壊を座して見ながらその内実を知らず何も出来ない人でもある。最も進んだ常識を持っている様でありながら、今の状況に陥る環境を形作った勢力は、少なくとも今はこの人々でもあると言う事になるでしょうか。

そして、そうなってから更に、都市型の知的なリベラル層でいる、という事は、全く自分等から動き出す事が出来ない層と言える。
最早、首都圏的な集約地域の特権的なシステムに依拠する前提で、その層の同調圧力の下で単に取りうるスタイル、という事になるでしょうかね。宗教や他の勢力が出て来るのは、ある意味当然の帰結に思える。

この辺で。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

その後。 [日記]

介護と呼べる状況に入りかけてから、ほぼ4か月程経ちまして、父の具合も完全には戻らないでしょうが、かなり良くなり、母もそれほど進行していない。

毎週クルマで週末1時間かけて実家に行って世話をし、通院や用事の際は休暇をとりながらも、いくつかのサポートを得ながらやっています。両親の暮しを実家でなんとか生活を成立させ、小さい子のいる自分の家庭も壊さずに、仕事も結果的に大きな変化なく、今日を迎えられています。

正直自分への負担はかなり大きいですが、やれるという見込みを持てています。今の状態が恒久的ではないにせよ、次も次で考えて動いて行く事が出来ると思う。

 父が入院して認知症の母と二人の頃は、実家に張り付かざるを得ず、デイサービスの合間に病院に行くと、弱った父からも仕事諦めてくれという様な事を言われました。確かに当時の状況ではどうしようも無く見え、そういう話も大変良く聞く。一時期は仕事を継続する事も諦めざるを得ないかと思いました。

当時3年近く育てて来た仕事に予算がつき、そのプロジェクトのリーダーとなって2か月。年齢的に今後そうそういくつもやれない。それ以前に、現時点でそれなりに重宝されている所のあるサラリーマンですからすぐにクビになる事は無いですが、休暇を使い切れば休職となる。

当然キャッシュフローはアウトばかりになり、ローンを払ってはやって行けない。子供が小さくて1馬力ですから、自分が倒れたらそれで終わりです。それを置いても、休職して介護にあたったとして、いつまで続くか判らない中、昔風に言うサラリーマンとしては、最早終盤ですから戻った所でどうなるか判らない。
結構誤解も多いのですが、介護休暇ってのは介護そのものの時間を頂ける訳ではなくて、介護申請等の為の休暇という意味ですので、休職が基本です。

なんとか会社に行ったとしても、週3日、デイサービスの合間しか会社に顔を出せない。3時間しか行けない状況で、仕事も最早限界と。

人それぞれなので、余り参考にはならないと思いますが、そんな中でどうしたか書いて行きます。

まず第一に決めた事は、「また両親二人で実家で暮らせる事を目標にする」という事です。父も事故が無くても神経系の難病もあり要介護、介助の状態だったので、なかなか厳しい目標ですが、まずは父の認定の方を進める。

一方で母のショートステイか、短期入所を懸命に探しました。母の病院が預かれますと言うのですが、見せてもらうとかなり厳しい。そこはもうかなり進んだ方が多かった。この中に入ると一気に進むだろうと。
一方で父の病院のワーカーに相談していたのですが、2週間かそこら過ぎた頃、系列で老健施設に空きがあった。見に行くと、デイサービスの施設とほぼ変わりないし、皆結構明るい。

で決断をしました。
申し訳ないと思いながら母を入れた。多かれ少なかれそう言う物だからとワーカーや施設の人にも慰められましたが、半分騙して入所させる。これはやはり「捨てる」訳です。本人は行きたく無いわけですから。これで良かったのかといい歳で泣きながらの帰り道の運転中に見たキツい色の夕焼けは忘れる事が出来ません。

実務的な細かな話ですが、そこから服や下着やら、入れ歯のケースやら何やら、全部揃えて名前を書くような事も、契約以外に必要になる訳ですね。両親共に投薬があるので、お薬手帳やら医療連携も取らなければいけない。これは経験の無い人にはとまどう事になると思います。また実家周辺でゴミ出しや町内会的な部分において、ある程度挨拶とお願いをしないといけない。

父の退院と予後の相談を病院や地域のケアワーカーと相談して、一旦家に戻し暮らせるか見極めるべく、リハビリ施設にいれずに家に戻す事にする。母が入所してから父が退院するまで1週間程度の余裕を作り、ここで鬼の様に仕事を片付ける。

で、父の退院ですが、まず、道路から階段で家に上がれるかどうかです。そして暮らしに障害がないように家を整えて、出来ない家事の対策を取り、介護認定前提のサービスも幾つか頼む。
母が帰ってくると振り回されますから、まずは一人で暮らせるか見極める。頭はしっかりしていますから、安全面だけ守れれば、一人で家においておく事が出来るから仕事にいける。
ここから2週間でそれなりの状態となったので、施設に母を迎えに行く。前日が納涼祭で、会うと浴衣等着させられて、結構それなりにやっている。見つけると「こんなに人がいるのにお前よくわかったねえ」と言われ、進んでいないなとホッとしました。
翌日から、家事と食料、その他必要な物が2倍になりますから、その辺のケアをする。週一で実家を整えて、問題があれば解決する。

9月から、溜まっていた海外の各地域のセットアップで、出張も入れました。3週間くらいは海外に居た事になります。キツいスケジュールで疲労困憊ですが、ロンドンやらニューヨークに居ても、Amazonで必要なものを実家宛に注文できる時代。これは本当に助かりました。海外の路上で、空港で、スマホで総菜やパッドやらを実家に頼む。

帰国して実家で状態を確認し、料理や仕込み、ハウスホールドをして、偶の食事をすると。
そんな感じでなんとか回っています。

しみじみ感じたのは、介護保険前提のサービスというのは、いざと言う時、そしていよいよという時には本当に有り難いものですが、それに頼り切った前提で目指さない方が恐らくいいと思います。そこは最後のポイントだと思った方がよい。
というのは、人に合わせて制度は出来て居らず、営利団体に卸す訳ですから、人の方が食われて行く部分がどうしてもある。どうしようもない所までまだ来ていなければ、「まず暮しを保つには」と言う事を考え抜いた後に使い方を考える、という順番が吉だと思います。
後はお金は肝心です。バッファとフロー。これをとにかく確保できていないと、予定が崩れた際のリカバリが難しい。

例えば介護度が取れないとか、サービスが無いとか、一方、個別事情でどうしようもない、という局面に陥る事は多々あります。保健医療と同じなのですね。

後は割り切りと時間の使い方と周囲の巻き込み方。
私の場合、地方から東京に出て来た両親と私だけなので、どうにもならないのですが、この間、兄弟、親類縁者の援助が得られれば、本当に有り難いだろうなと思いました。

一方、まだお願いはしていないのですが、手伝うよ言ってくれる長い友人も幾人かあって、これは心の奥に灯がともるような申し出でした。そういった人の繋がりで助け合って進めて行かなければ、本質的に「良い」方に進む事はないだろうなと。そう思います。

制度に任せきりはやはり姥捨て山なんだろうと。そしてそれもしょうがない事もあるけども、ギリギリまで保つには、そうした人の繋がりと場所がいるのだろうと。それによってこそ、逆に暮しをなんとか保ったままお迎えが来るまで行ける事もあるのだろうと。

そんな風に思いました。
この辺で。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感